ルビとは?

 典礼で用いられる朗読用聖書の『主日の朗読聖書』『朗読聖書――聖なる過越の三日間』、あるいは会衆用冊子の『毎日のミサ』の聖書本文は、日本聖書協会発行の『聖書 新共同訳』を使用しており、漢字に振られたルビも同書に従っています。そのため、「御子」ということばについて同じミサの中で、聖書朗読では「みこ」、式文では「おんこ」と、異なる読み方がされることがあり、「おんこ」に統一してほしいとの声が聞かれるようになりました。そこで、日本カトリック典礼委員会は、日本聖書協会の許諾を受け、5月21日より典礼における聖書朗読に際しても、「御子」を「おんこ」と読むことにいたしました。(詳細は当協議会Webサイトをご覧ください)

 

 ところで、振り仮名のことを印刷や出版の業界では「ルビ」といいます。すべての漢字にルビが振られているものを「総ルビ」、読み違いの恐れのあるものや常用外漢字など、一部の漢字にルビが振られることを「パラルビ」といいます。当出版部の発行書籍でいえば、典礼儀式書の式文や聖書本文は総ルビ、その他の書籍は原則パラルビです。
「ルビ」という語は、宝石のルビー(ruby)という英語がその語源です。しかし振り仮名は、当然ながら漢字仮名交じり文を用いる日本独自のもので、欧文にはありません。にもかかわらず、英語の名前で呼ばれることには理由があるのです。

 

活字で組まれた版面。(株式会社精興社にて)

 

活版印刷で用いられる活字が大小並ぶ。活字は鉛を主成分

とした合金でできている。(同上)

 

 金属活字を用いた活版印刷術は15世紀半ばにドイツの金細工師ヨハネス・グーテンベルクによって発明され、ヨーロッパに広がりました。当時イギリスでは、活字を、その大きさごとに宝石の名前を付けて呼んでいました(ポイントという文字の大きさの単位が確立するのは18〜19世紀にかけてのことです)。一方、木製活字による活版印刷が行われていた日本では、活字の大きさは号数で表現されていました。書籍の本文は5号活字(10.5ポイント=約4ミリ)で組むのが標準で、振り仮名には、親文字となる漢字に対し半分の大きさの7号活字(5.5ポイント=約2ミリ)を用いるのが基本でした。
 1800年代後半にイギリスから金属活字が輸入され、その中でルビーと呼ばれるサイズのものがこの7号活字とほぼ同じ大きさだったのです。そこから、振り仮名は「ルビ」と呼ばれるようになりました。

 

 ちなみに、グーテンベルクの印刷術の普及は聖書の普及につながり、宗教改革が起こる流れにもつながっていきます。印刷技術が歴史にいかに大きな影響を与えてきたかが伺えます。


新刊作業の進捗状況

 出版部では、発刊に向けて作業中の文書をつねに複数抱えていますが、それらをどの順序で進めるかは、その文書の性質から判断される重要度と緊急性に鑑みて決めています。最優先にされるのは、回勅や使徒的勧告といった、教皇の公文書です。先般、教皇フランシスコの使徒的勧告Gaudete et Exsultate(「喜びなさい、大いに喜びなさい」マタイ5・12)が発表されたため、この文書の邦訳刊行に向けた作業は当然優先されることになります。
 『愛のよろこび』刊行後、邦訳出版する必要のある教皇公文書の発表がしばらくなかったこともあり、現在は教皇庁聖職者省の文書である『カテケージス一般指針』の校閲作業を進めています。翻訳者から原稿を受け取ったあとに優先すべき他の作業がいくつも発生したため時間がかかってしまいましたが、まもなく最初の校閲作業が終了します。ただ、翻訳者と編集者とのやりとりは、通常3〜4回は行われますし、少し長めの文書ですので、刊行はまだ先のことになります。今しばらくお待ちください。

 

 

 

 告知になりますが、教皇フランシスコが2017年度に一般謁見で行った「キリスト者の希望」についての連続講話をまとめた『キリスト者の希望――教皇講話集』(ペトロ文庫)が、6月上旬刊行の見込みとなりました。後日詳細をお知らせいたします。
 


新しい使徒的勧告

 教皇フランシスコの新しい使徒的勧告Gaudete et Exsultate(「喜びなさい、大いに喜びなさい」マタイ5・12)が発表されました。この使徒的勧告に関する情報は、ローマ現地時間の4月9日(月)正午(日本時間の午後7時)に解禁となりました。インターネットを通じた情報交換が当たり前である今の時代、司教協議会へのバチカンからの通達などは、通常はメールで寄せられます。使徒的勧告などの文書ファイルは、これまではメールに添付する形で送られてきましたが、今回は届いたメールに記された指示に従い、カバーレター、フランシスコ教皇の自筆証書、使徒的勧告本文テキスト、サマリー(要約)、Q&A等の一式をダウンロードする形式が採られました。

 

『福音の喜び』と『愛のよろこび』の日本語版

 

 教皇フランシスコにとって、『福音の喜び』『愛のよろこび』に続く3つ目の使徒的勧告、そのタイトル“Gaudete et Exsultate”(「喜びなさい、大いに喜びなさい」)は、マタイによる福音書の「山上の説教」で、イエスが示された真福八端(新共同訳聖書の小見出しは「幸い」と表記)のことばから取られています。et(=and)で繋げられた二つのラテン語は、ともに「喜ぶ」を意味し、そのため、新共同訳では「喜ぶ」を重ね、後ろのほうには「大いに」を付すかたちで訳されています。新共同訳聖書以外では、フランシスコ会訳は「喜び躍れ」、バルバロ訳は「喜びに喜べ」、ラゲ訳は「歓(よろこび)、躍れ」と訳しています。

 この使徒的勧告の性格についてサマリーの冒頭では「本文書は、学問的なテキストでも教義的なテキストでもありません。その目的は「聖性への呼びかけを今一度響かせ、現代の文脈においてそれを具現化すること」です」(仮訳)と説明されています。
 本文は、「聖性への呼びかけ」「聖性の二つの狡猾な敵」「主の光の中で」「現代世界における聖性のいくつかの特徴」「闘い――警戒と識別」(仮訳)の5つの章で構成されています。この中で教皇は、聖性へと至る道は聖霊によって与えられる平和と喜びに根源があり、聖性がもたらす人間の完全性は知識や能力ではなく愛の深さによって計られるものであると述べ、特別なものではないこの聖性への道にはすべての人が招かれており、その招きにどのようにこたえればよいのか、「真福八端」を聖性への道として示して、日常生活において神の愛にこたえて生きる秘訣を教えています。

 

 教皇公文書(回勅や使徒的勧告)や教皇庁文書は、通常ヨーロッパの言語を中心にいくつかの言語が同時に発表されますが(今回はドイツ語、英語、スペイン語、フランス語、イタリア語、ポーランド語、ポルトガル語、アラビア語)、日本語版については、それらの発表を受けて翻訳作業が開始されることになります。邦訳刊行まで少々お時間をいただくことになりますので、ご了承ください。
 作業進捗状況は、本ブログで随時お知らせいたします。


出版目録

 主のご復活おめでとうございます。
 皆さんはどのような聖週間をお過ごしになられましたでしょうか。

 

 

 毎年4月、出版部では出版目録を発行しています。今年も4月2日に発行いたしましたが、例年、この出版目録の表紙には聖書の物語に材を取った絵画を使用しています。

 

 

 過去3年を遡ってみると、2015年版では16世紀のイタリア人画家Tiziano Vecellio(ティツィアーノ・ヴェチェッリオ)「聖母の被昇天」(サンタ・マリア・グロリオーザ・デイ・フラーリ聖堂[ヴェネツィア]所蔵)を、2016年版では18〜19世紀のイギリス人画家William Blake(ウィリアム・ブレイク)「天使に守られる墓の中のキリスト」(ヴィクトリア&アルバート博物館[ロンドン]所蔵)を、2017年版では17世紀のスペイン人画家Francisco de Zurbarán(フランシスコ・デ・スルバラン)「無原罪の御宿り」(プラド美術館[マドリッド]所蔵)を、それぞれ用いています。

 

2015年版 「聖母の被昇天」

 

2016年版 「天使に守られる墓の中のキリスト」

 

2017年版 「無原罪の御宿り」

 

 これは私個人が受けた印象ですが、「マリアの被昇天」は、神に見守られながら天使たちに取り囲まれて召されるさまからは、キリストと最も深く結ばれたマリアが、今やキリストとともに復活し栄光にあずかっていることがダイナミックに伝わってきます。
 「天使に守られる墓の中のキリスト」では、十字架上の死という壮絶な出来事の後、墓の中で静かに横たわるイエスに手を合わせて祈る天使の姿に、復活を前に死のうちにあるキリストを守ろうと祈るとともに、神の子として救いのわざを成し遂げられたイエスへの崇敬が見て取れます。
 キリストの母として選ばれ、あらゆる罪から守られたマリア、その誕生を象徴的に描いた「無原罪の御宿り」は、下弦の月に乗り地上へと降りてくる少女の愛に満ちたまなざしに、神への完全な信頼が感じられます。また、満月から新月にかけての間の月を指す下弦の月に乗るさまには、旧約から新約という新しい時代の到来に向けてマリアに与えられた使命と役割が絶大なものであるかが感じられます。

 

2018年版 「ノリ・メ・タンゲレ」

 

 そして2018年版には、イギリス・ロンドンのナショナル・ギャラリーに所蔵されている、14世紀フィレンツェの画家Jacopo di Cione(ヤコポ・ディ・チョーネ)の「ノリ・メ・タンゲレ」を用いました。これは、ヨハネによる福音書にある「わたしにすがりつくのはよしなさい」というイエスのことば(20章17節)が材となっています。
 師と仰いだイエスを失い、マグダラのマリアは悲しみと絶望に打ちひしがれたことでしょう。しかし、復活したイエスとの出会いによってマリアの心は喜びに満たされ、思わずイエスにしがみつこうとします。そのような言葉にできない喜びと抑えられない感動が、イエスを仰ぐマグダラのマリアのさまから感じ取れます。

 

 

 出版目録は販売促進のためのツールに過ぎませんが、書籍普及の目的はあくまで福音宣教です。その一助を担えるよう表紙には聖書の物語に材を取った絵画を用いています。
 2019年版はどのような絵画が用いられるのか、来年をお楽しみに。

 


潮見教会の桜

 本ブログは、基本的に毎週木曜日に更新していますが、聖木曜日と聖金曜日にあたる3月29日と30日は中央協議会が休業のため、前倒しして更新いたします。

 

 

 ところで、東京では桜が満開となり、上野公園や千鳥ヶ淵公園など、桜の名所に連日大勢の花見客が訪れています。日本カトリック会館に隣接する潮見教会の庭先でも桜の木が見事に花を咲かせており、信号待ちの間に眺めたりスマートフォンで撮影したりする近隣の方の姿を見かけます。

 

 

 この桜のもとには、蟻の町のマリアとして知られる北原怜子(さとこ)さんの像が設置されています。潮見教会は、戦後の混乱期に隅田川沿いの言問橋(ことといばし)のたもとに結成された蟻の町(廃品仕切場および「蟻の会」という労働者の生活協同体)が当地に移転した際、その蟻の町で献身された北原怜子さんの遺志を受け継ごうという住民たちの願いを受け、蟻の町教会として建てられたことを出発としています。

 

 

 今は蟻の町の面影はありませんが、北原怜子さんの像を優しく覆う桜は、キリストのあかしびとに与えられる冠のようにも見えます。
 東京の巡礼地の1つとして訪れてみてはいかがでしょうか。
 


ただいま奮闘中

 毎年この時期になると、『毎日のミサ』の購読管理担当者は、年間購読の更新作業に追われます。『毎日のミサ』の年間購読は、5月号から翌年4月号を区切りにしているため、購読期間の終了となる4月に向けて、購読者の皆さんに購読継続の意志を確認しなくてはなりません。

 

 

 1月下旬には購読者あてに「購読継続の案内」を送付し、その返事が早ければ2月中ごろには届き始め、締め切りが3月15日なので、3月に入ると一気に寄せられてきます。

 

 

 購読の中止や部数の変更、購読料の入金確認など、件数も多くこの作業だけでも大変な上に、日常業務である通常の書籍の注文をはじめ、通販サイトAmazonや取次店への卸にも営業担当者は対応しなくてはならないため、『毎日のミサ』購読関連の帳票は、処理してもなかなか減らず、ついには山積みとなる状況です。編集担当者も電話の応対はいたしますが、顧客管理のデータ自体に追加や変更を加えることはできないため、営業担当者は、箱根峠の難所を越えるがごとく、この山を乗り越えようと奮闘中です。

 

 年間購読のお申し込みや購読部数の追加は、随時受け付けております。また、送料をご負担いただくことになりますが、一月分だけの購入も可能です。


 多くの皆さんからのお申し込みをお待ちしております。


『聖週間の典礼』

 あと2週間で聖週間を迎えます。この時期、教会では聖週間に向けてミサやお祝い会の準備に追われているのではないでしょうか。

 

 

 受難の主日から復活徹夜祭に使用する典礼儀式書(式の際に司式司祭が使用するもの)として『聖週間の典礼』があります。受難の主日での「主のエルサレム入城の記念」や復活徹夜祭での「光の祭儀」など、祭壇から離れた所での式を行いやすくするために、聖週間の部分をミサ典礼書から抜き刷りにしたもので、式文とともに典礼注記(司祭の動きや注意事項が赤字で記されているもので、ラテン語で「ルブリカ(rubrica)」といいます)が記されています。

 

 

 今の時代、信徒の主導で典礼の準備が進められることも珍しくなく、侍者(司式司祭を助ける奉仕者)やオルガニスト、聖歌奉仕など、ミサにかかわる奉仕者への指導が信徒に任されている教会も増えています。また、司祭が常駐しない教会では、必然的に信徒が担わざるをえないことでしょう。そのような理由から、この儀式書を個人で所持するケースが増えているのではないかと思います。本ブログ担当者であるわたしも、教会では典礼委員会をあずかる役目にあるため、聖週間の準備を始めるにあたっては、この儀式書に目を通すことにしています。また、侍者(成人のみ対象)と典礼委員に対して必携の書にすることで、式の流れや注意事項について共通認識を持つことができ、打ち合わせや準備を円滑に進められるようになりました。

 

 『聖週間の典礼』に限らず、ミサ典礼書をはじめとする典礼儀式書には式文とともに典礼注記が必ず記されています。典礼儀式書は司式司祭が使用する式次第である一方、典礼を準備する役目にある信徒にとっては準備の際の指南書にもなります。


校正と校閲

 中央協議会のみならず一般の企業や組織にもいえることだと思いますが、物事を企画し推進していくためには、周りの方の理解と協力が必要です。当然のことながら書籍の編集作業も例外ではありません。

 

 

 書籍を刊行するにあたっては 、「校正」「校閲」というもっとも重要で欠かせない作業があります。
 校正は、主として字句の間違いを正すことをいい、校閲は、文章の意味や内容にまで踏み込んで、事実関係の誤りや論理の整合性の不備がないかをチェックする作業をいいます。普通の出版社と違って、中央協議会の出版物は「公」すなわちオフィシャルな性格が強いため、校閲による指摘にも特別な色合いがあります。たとえば、『教会法』『カトリック教会のカテキズム』『第二バチカン公会議公文書改訂公式訳』といった、基礎となる文書で用いられている訳語や表現は、例外はあるものの大抵は踏襲する必要があり、そうした面からの指摘は頻繁に行うことになります 。
 また、中央協議会の出版物の大多数はラテン語をはじめとする他国語からの翻訳です。場合によっては、訳者の方に中央協議会の公的性格を踏まえての書き換えを提案し、承諾をお願いすることもあります。その際には、当然ながら訳者の方の理解を得なくてはなりません。

 

 編集作業1つにしても、かかわりのある人の理解を得ることが欠かせません。それは、人とのつながりを大切にして行う作業でもあるのです。


ペトロ文庫

 

 「カトリック出版連絡会」(カトリック出版社が情報を交換したり、共通関心事についての意見交換を行ったりする集まり)では、参加出版社で協力してチラシ「出版だより」を年2回発行し、各出版社の新刊書籍やおすすめ書籍を紹介しています。このたび発行された「出版だより2018年春/夏号」において当出版部は、最近刊行した『エッファタ!』のほかに、ペトロ文庫の2点を紹介しています。

 

 初代教皇ペトロの名をいただいたこのペトロ文庫は、2005年に創刊しました。教会公文書(回勅や使徒的勧告など)に、さらに親しみを持っていただくことを目的として始められたシリーズです。

 

(文庫化された『家庭―愛といのちのきずな』。文庫第1号。)

 

 過去に単行本で発行した教皇公文書を文庫化したものもあれば、一般謁見やお告げの祈り、教皇が訪問先で行ったミサ説教など、教皇の発言を「講話集」として構成したものもあります。

 

 

 

 今回の「出版だより」に掲載した『いつくしみ―教皇講話集』は、いつくしみの特別聖年中(2015年12月8日〜2016年11月20日)に行われた教皇フランシスコの一般謁見での連続講話をまとめたもので、特別聖年の目的に沿った内容です。また、『教皇フランシスコ講話集4』は、一般謁見をはじめ、ワールドユースデー・クラクフ大会閉会ミサ説教、また宗教改革500周年記念合同祈祷会や、渡航中に亡くなった難民犠牲者を追悼したレスボス島でのあいさつなど、2016年中の教皇フランシスコの発言を集めて構成されています。

 

 回勅や使徒的勧告などは多少なりとも難しいものですが、講話集は読みやすく分かりやすい内容です。文庫サイズで、通勤時の電車やバスの中での読書にも最適です。


多摩教会での直接販売

 

 書籍の版元(通常は出版社を指します)は、取次と呼ばれるところに書籍を卸すことで、全国の書店での販売を展開しています。わたくしたち中央協議会の出版部も、基本的には同じです。しかし、発行点数も少なく、教会内部の組織であることなどから、お客様からの直接の注文を受けることも多く、また時には、教会や神学セミナーの会場などに出向き、直接販売を行うこともあります。直接販売は、意見や要望といった読者の生の声を直接聞くことができる絶好の機会でもあります。

 

 2月18日(日)に、カトリック新聞社の営業担当者とともに東京都多摩市にある多摩教会に伺い、直接販売を行いました。当日はミサにも参加いたしましたが、四旬節第1主日であったため洗礼志願式が行われ、3名のかたが洗礼志願者となられました。


 販売に先立ち、主任司祭の豊島治神父様のご厚意により、ミサ後に20分ほどお時間をいただき、カトリック中央協議会の活動内容、カトリック新聞と出版書籍について説明する機会を頂戴しました。また、多摩教会では毎週ミサ後に、信徒同士の親睦を目的として軽食をともにする場を設けているとのことで、その輪にも入れていただき、もてなしを受けました。

 

 豊島神父様の人柄と宣教司牧への思いが、信者の方々に浸透しているのを感じながら、たいへん良い雰囲気の中で販売をさせていただくことができました。

 豊島神父様をはじめ多摩教会の皆様には心から感謝申し上げます。そして、洗礼志願者となった3名のかたには、この四旬節が洗礼式までの良い準備の時となるようお祈りいたします。


| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM